反哲学入門 (新潮文庫)

哲学の語源が「愛知」であることは知ってましたが、「形而上」の語源は初めて知りました。
実にわかりやすくて、いろいろ疑問に思っていたことが解りました。
あとがきにあった8冊も読ませていただきます。

SONY FM/AMポータブルラジオ ICF-801

I-O DATA スマホ ペット 子供 見守り 会話OK/録画/土日も電話サポート/返金保証 TS-WLC2

関連記事

  1. 編集者の危機管理術―名誉・プライバシー・著作権・表現

    ブログでもなんでも、編集業務にたずさわっている人は読んでおいたほうがいい。訴訟や裁判沙汰など、自…

  2. 第一次世界大戦 忘れられた戦争

    残酷な話がてんこ盛りで現在に続く。…

  3. うちの鳥の老いじたく

    愛鳥家必読!!…

  4. 徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり

    まったく同感。一方的にわめき散らす今のテレビは不気味でり、不要である。…

  5. 人はなぜ集団になると怠けるのか – 「社会的手抜き」…

    無意識のうちに手を抜いてしまうこともあるが、職業倫理の問題もある。いろいろ参考になりました。…

  6. わたしの哲学入門

    私がばらばらに読んでいて良く分かっていなかった哲学というものに、一本筋を通してくれる有難い本です。…

  7. 東インド会社 巨大商業資本の盛衰

    East India CompanyのCompanyは、会社より中隊と訳したほうが現実に近いのかも。…

  8. 国難の正体 ~世界最終戦争へのカウントダウン

    けっこうな量の鱗が目から落ちました。良書です。ありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP